三日坊主

2019年11月21日 22:38
カテゴリ:雑談

 三日坊主とはよく言ったもので、何かを始めてもすぐに止めてしまう、諦めてしまうことと知っているかと思います。

 さて、私の三日坊主は、このブログ・・・

 意気揚々と書いて、アップしてFacebookにも投稿したものの、まさに三日であとが続かない。
 ネタ切り?怠慢?、いや両方。
 
 では、なぜ続かないことを三日坊主と言うのでしょう?
 坊主、いわば僧侶になるために寺に入り、修行を重ねて立派なお坊さんになるのですが、その修行が辛くて三日で止めてしまった。このことから三日だけ坊主だったという意味らしいです。

 坊主になるにしろ、何かを続けるにしろ、すべてにおいて覚悟が必要なんです。わかりきっていることですが、始めてみると思ったよりも大変だったり、想像してなかったことが起こったりと、自分の思いとは全くの別の方向に向かってしまうこともあるでしょう。

 そんなことが繰り返し起こり、いつの間にか逃げる口実を考えるようになってしまい、自分が止めても誰かに迷惑が掛からないのであれば、楽な方向へ考えてしまう。

 ある僧侶の法話で「生きるというのは自分の思い通りにならないこと」と話されたことを思い出す。僧侶は続けて、努力して自分の望みを叶えようとする。しかしうまくいかないことが多い。うまくいかなことに悔しさ、苦しみを生じる。それは期待するからであり、期待する結果とは何らかの比較に「勝つ」ことで、期待することよりも努力することを目的としたことで己に「克つ」ことが大切である。

 そんな言葉を思い出し、書いてみた。
 内容はどうであれ、気ままに続けてみよう・・・

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)